SATARAID-PCI

このトピックには 2 返信 、 2 ボイス が含まれます。 最終更新 by  millennium 6 日 前.

  • インターフェース

BIOSが飛ぶ

millennium 2018年12月4日 at 8:35 PM

*****<製品を使用している環境>******
質問したい玄人志向製品の型番:SATARAID-PCI
自作PCかメーカー製PCか:自作
マザーボード:GA-Z170-HD3 DDR3
CPU:Core i7-7700K
メモリ:Melco製DDR3 4GB
ドライバのバージョン:CD付属
電源:CX550M
OS:WindowsVista
********************************
WindowsVistaをカビーレイクで使用しようとするなど言語道断とはわかっておりながら質問をさせていただきます。
オンボードのSATAはVistaで使用することができないため、このカードにHDDをRAID 1でブートに使用しております。

インストールは問題なく行える。
一週間位普通に使っていると起動中に固まったりして使えなくなる。
半月くらい放置すると、また一週間くらいは使える。
これが繰返されて、最後にはボードのBIOSが飛ぶ。

ということを3回経験しまして、3枚ボードを殺しました。
こうなってくると、原因が何かの相性ではないかと思うのですが、何か怪しいとは思いませんか?

個人的には
・マザーのPCIe to PCIブリッジが暴走している
・シャークーンのケースがショートしている
・電源の出力にノイズが乗っている
・付属のドライバがBIOSを消している
あたりが怪しいと思っており、
・HDDに不良クラスタはない
・SATAケーブルも変えてみた
・PCIスロットも変えてみた
という確認を行いましたが変化はありませんでした。

経験豊富な方のご意見を聞きたく存じます。

PULU38 2018年12月6日 at 2:27 AM

真っ先に考えたのは、熱暴走でした。

インストールは問題なく行える
 → 回路が新しくて元気

一週間位普通に使っていると起動中に固まったりして使えなくなる
 → 回路がへたって来てガタがくる

半月くらい放置すると、また一週間くらいは使える
 → しっかり回路を冷やして安定させると・・・

これが繰返されて、最後にはボードのBIOSが飛ぶ
 → 回路にいろいろ限界がきて、壊滅する

 と、いう経験を過去に何度か経験していますが、経験上ですが、風をしっかりあてて冷却に注意すれば問題が発生しなくなりました。とはいえ、数えるほどしかまだ経験していないので、もっと他の理由があることも当然考えられますが。

 レイド+システム(OS) と、負荷のかかる内容で動かしているので、玄人志向の想定外な利用方法な気がしなくもないです。(ここはバッキャローといわれるぐらい、一時は熱暴走製品のメッカだった過去もあったりします)

millennium 2018年12月6日 at 9:46 AM

なるほど!熱暴走は盲点でした。
4枚目、リビルドを冷却しながら実行中です。

トピックに返信するにはログインしてください。