KRHK-mSATA/I9

このトピックには4件の返信が含まれ、3人の参加者がいます。6 ヶ月、 1 週前 mujina さんが最後の更新を行いました。

  • インターフェース

NEC Lavie PC-LL900CDのmSSD換装

nanasy 2017年5月15日 at 11:18 AM

*****<製品を使用している環境>******
質問したい玄人志向製品の型番:KRHK-mSATA/I9
自作PCかメーカー製PCか:NEC製
メーカー製PCの場合、PCの型番:Lavie PC-LL900CD
マザーボード:
CPU:
メモリ:
ドライバのバージョン:
電源:
OS:
********************************

HDDが破損した為、mSSD->2.5IDEに変換して本体にさしたところ
BIOS画面に至ることができません。電顕ランプ及びHDDアクセスランプが点灯したまま
何ら応答なし。mSSDはKingSpec 128GB B01GMXF0YA。
電源ボタン長押しで電顕を切りました。

KRHK-mSATA/I9を取り外して起動すると「OSが見つからない」旨が表示されるので
相性の問題でしょうか。この場合、他の候補部品などがあるでしょうか。
2.5IDE->USB変換ケーブルで別のPCからHDDを参照すると使用できるので
初期不良などではないです。

・試したこと
1.ジャンパーの切り替え
Master、Slave、CSelectのそれぞれで試したが変わらず。
2.5分ほど接続したままにしたのち再起動。変わらず。
3.BIOSでSecondly IDEをOFFにしてからmSSDを挿入。変わらず。

・知りたいこと
1.同機でSSD換装に成功した方はいらっしゃいますか。
2.同様の変換ユニット、変換基盤で候補製品があれば教えてください。
3.他に何か試せることがあれば教えてください。

以上です。

fronte 2017年5月16日 at 2:05 PM

おやまぁ奇遇なことに
昨日KRHK-mSATA/I9とB01GMXF0Y4に換装したとこでした。

知りたいこととマッチしてるか分かりませんが

1.機種は違いますが、似たような年式のCompaq nx9030(2004)ではSSDとして認識、稼動しています。(いわゆるUDMA2病は発生していますが。)
2.は変換ではないですがB01GMXF0Y4と同じメーカーのKingspecさんのB00ZT63P16(2.5IDE SSD)どうでしょう
3.はジャンパピンを外してみる。PC側のメーカーによっては41番Pinの切断が必要になる。などでしょうか

参考になれば幸いです

nanasy 2017年5月17日 at 9:14 AM

レスありがとうございます。

41番ピンを折るで検索してみました。
SSD換装に関して色々な人が壁にぶつかっているんですね。

勉強になりました。もう少し試してみます。
ありがとうございました。

nanasy 2017年6月5日 at 3:10 PM

あきらめました。

IED 2.5を購入、別のPCからブート可能な状態にして
Windows XPのCDの中身を入れてインストールまで進めました。

初期インストール状態だとこのPCのデバイス類、ほとんどが使用できないので
まだまだ復旧は難航しそうです。

ありがとうございました。

mujina 2021年4月12日 at 5:57 PM

今更ですが同機種で試しました。

確かに初めのほうでは何度か全く認識しない状態になりました。
HDDへのアクセスランプが点灯したまま全く進まずBIOS画面にすらたどり着けませんでした。

ですが、そのうち問題なく使えるようになりました。

試したこと
1.本基板単体(mSATAなし)では通常起動が可能でBIOS画面にもたどり着けた。
2.HDDアクセスランプを確認しながら、ランプが消えた瞬間に本基板(mSATA搭載済み)を差し込んだ
 そうしたら問題なく認識した。

ただ、うろ覚えなのですが、1と2の間で、本基板もすべて外した状態で(HDDに何もいれない状態で)BIOS画面に入ってデフォルト値に設定しなおしたかもしれません。これが功を奏したのかも。

その後は問題なく認識するようになりました。

ただ、mSATAは一度、外付けUSBケースなどに入れてフォーマットすることをお勧めします。
本PCは137GBの壁があるため、すべての領域をフォーマットしていない状態でいきなりリカバリーをかけると137GBの壁に当たります(認識可能なのは128GBで、正確には128GiBの壁です)。

当方、フォーマットせずいきなりリカバリかけたため100GBほどが認識できなくなりました。

一度取り外して外付けHDDケースに入れ他のPCに接続させると残りの未領域を認識しますが、そこに新ボリュームやパーティションを設定しても、PC-LL900CDへ戻すとディレクトリが壊れていますと出てしまいます。そこでフォーマットしなおすと認識はされますが、いつまた消えてしまうかと考えるとちょっと怖いです。

また、本基板はUDMA2病が出ます。
これは本当にクソ仕様です。
5年以上前から指摘されてるのに最新基板でもまだ出ます。

ただ、PC-LL900CDの場合、HDPARMを使うよりも簡単な回避方法があります。

解決策は、
BIOS画面からHDDの設定に入り、メイン→内蔵HDDにおいて、「自動」から「ユーザー」へ変更してパラメーターを手動で設定しなおすことです。
HDDの際に認識している値を入れれば問題ないと思います(いずれにせよ137GBの壁があるので)。

ヘッドは16、セクタは63、シリンダは自動の時の値で問題ないと思います。マルチセクタ転送は16セクタ、LBAモード制御は使用する、32ビットI/Oは使用する(使用しないに設定してもこの時代の基板であれば勝手に使用される状態になると思いますが念のため)、転送モードはFPIO4/DMA4(これが最大、これがDMA2病の原因かも?)UltraDMAモードはモード5へ設定してください。
これで起動させればUDMA2病は解決されます。
ただし、BIOSをデフォルト値に戻してしますと、内蔵HDDの設定が「自動」になってしまいますので再びUDMA2になってしまいます。

HDDでは自動にしても問題ないので、基板自体に何か問題があるでしょうねえ。

あるいはセカンダリに接続されているDVD-RAMドライブがUDMA2なので、ドライブを外してみると「自動」設定でもプライマリの本基板+mSATAの認識がUDMA5になるかもしれませんが、そこまで試してません。 

このトピックに返信するにはログインが必要です。