SATA3RI4-PCIE

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。4 ヶ月、 2 週間前 for2ando さんが最後の更新を行いました。

  • インターフェース

RAID1を組むとArch Linuxでディスクエラー多発

for2ando 2022年5月9日 at 2:12 AM

*****<製品を使用している環境>******
質問したい玄人志向製品の型番:SATA3RI4-PCIE
自作PCかメーカー製PCか:富士通
メーカー製PCの場合、PCの型番:Primergy TX100 S3p
マザーボード:Primergy TX100 S3p
CPU:Intel Xeon E3 1220-V2 @3.10GHz
メモリ:16GB
ドライバのバージョン:カーネル組み込み
電源:Primergy TX100 S3p
OS:Arch Linux 2203
********************************
6TB HDD2台ほかを接続し、このボードのBIOSからRAID1を組んで、Arch Linux上でデータディスクとして使おうとしています。fdiskを用いてGPTパーティションテーブルを作成することはできましたが、mkfs.ext4などをするとディスクI/Oエラーが多発します。他のファイルシステムのmkfsもいくつか試していますが、どれでもディスクエラー多発の症状です。ボードのBIOS設定に戻ってRAID1設定を削除し、それぞれ単独のディスクとして使うことはエラーなく可能(mkfsがエラーなく終了)なことを確認しましたが、再びBIOSでRAID1を組んでパーティションテーブルを作成し、mkfsを試みるとディスクI/Oエラーが多発します。結局ボードのRAID1機能を使うことは断念し、単独のディスクをソフトウェアRAIDで使用しようと思います。その過程でまた問題があれば報告するつもりです。